5月
10
2019

住教育のすすめ

東京東久留米市の「自由学園」
「24時間の生活すべてが勉強」という教育理念のもと、
仲間と共に行う学校生活、寮生活、土を耕し作物を育てる経験等の中で
自ら考え行動する「よく生きる人」を育てていきます。

自由学園最初の校舎明日館の設計は
世界的建築家フランク・ロイド・ライト。
創設者羽仁夫妻の教育思想に共鳴したライトは
「簡素な外形のなかにすぐれた思いを充たしめたい」
設計しています。
昨年先輩が1950年頃生徒・学生が植林し育てた樹で
「自由学園みらいかん」 を完成させました。
このみらいかんのコンセプトは
子育てのあり方や子育てをめぐる環境が多様化する中で
子どもたちの成長にふさわしく、
安心で安全な場所をどのように整えるかという問題は
社会が抱える大きな課題の一つです。
「生活即教育」という自由学園の教育理念を土台とし
「子どもたちが自然によい時間を過ごせる空間」として
「こども・かぞく・みんなが育つこれからの学びのコミュニティ」
として存在することを目指しています。

 

自分の学ぶ机は自分で造る・・・・(住教育)
自分たちで作った野菜を食べる・・(食育)

「教育には300年掛かる」と
「住教育」を学ぶことの出来る素晴らしい学校と出会いました。

再来年やっと100周年を迎えるそうです。

今年の「住生活月間」には何かコラボしたいと思います。

 

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク