古民家

1/68ページ

古民家再生へ職人育成

  • 2019.11.29

茅葺職人技能士2日目 生憎の雨で午前中は室内で実技講習 茅葺は植物であるため定期的なメンテナンスや維持管理が必要ですが 断熱性が高く、夕立の後に気化熱で建物の熱を逃がし 夏場古民家を快適に過ごすために必要なものですし、 何より循環型の自然素材であり最終的に土に帰るエコな素材です。 茅葺屋根を維持していく方法としては 屋根を全面的に葺き替える「丸葺き」 屋根をいくつかに分割して葺き替える「分割葺き」 […]

移築・茅葺

  • 2019.11.28

高千穂から新富へ移築「千木の家」 そして「茅葺屋根」も復活します。 こんな光景を「日本全国で当たり前にしたい!」 移築・茅葺は昔は当たり前でした。 決して難しいことではありません。 古材を捨てないでもう一度使う そして地域にある自然素材(今回はススキ)を活用して屋根。 持続可能な循環型建築社会の市場創造です。 「茅葺職人技能士」がスタートしました。 保険も掛かり「安全と安心」は保証されます。 来年 […]

拡大市場へ

  • 2019.11.27

東京で【伝統再築士】講習試験 【再築士】を広めることを目的に 関西の木村さん・九州の兎洞さん・東北の亀岡さんに加えて 北信越で大沼さんに入って頂くことになりました。 これから全国各地できめ細かく受講頂けるようにしていきます。 支部の強化へ・・・本気の活動が始まります。

もう一ランク上の古民家

  • 2019.11.26

伝統工法の耐震の見える化へ・・・・ 耐震評価機構が運営する診断士講習・試験 どうしても「技術論」をしがちですが(もちろん大事) 大事は「安全と安心の見える化」です。 伝統耐震から「安全と安心」を診断して 必要であれば「時刻歴応答解析での改修」を行います。 その安全性の精度を上げるために診断士は日々努力をしています。 既存不適格と言われる「伝統工法古民家」 新しい時代を創ってきた「古民家再生協会」は […]

東京都内の古民家

  • 2019.11.25

「東京には古民家はない」 よく言われることです。 しかしそれは・・・うそ 結構「古民家ありますよ」 例えば これ 宿泊・飲食だけでない様々な活用方法・・・ 立地・希望によって選択肢は色々あります。

広島 2日目

  • 2019.11.03

広島2日目 「伝統耐震診断講習・試験」です。 【古民家再生協会】は 国土交通省に登録された 「古民家リフォームインスペクション団体」です。 その中でリフォーム(伝統工法のリフォームを再築と言います) のルール(再築基準)をつくり その順守を行うのが【伝統再築士会】です。 【古民家再生協会】は「古民家鑑定士」 【伝統再築士会】はその中の「1級建築士」で構成されています。 「再築基準」は「快適古民家の […]

地方創生への戦略

  • 2019.09.07

人口減少から地方は衰退しています。 空き家も増え この課題をクリアしていかなきゃいけません。 民間の力を活かして地方を元気にしています。 地方を元気にするポイント「ひと・モノ・金」 モノ=空き家(古民家)と考えればそれは多くあります。 古民家をゴミと捉えずに「資源」と考えています。 ひとは6割以上の人が地方に残らない「地域おこし協力隊」と 高齢者が多いのですから「シルバー人材センター」と連携してい […]

古民家暮らし

  • 2019.08.12

松山市の隣町「松前町」と 東京都「上野」の2地域居住をしています。 生活の松前、仕事の東京です。 そして これから全国各地で「古民家利活用」していきます。 海の近くの空き家・古民家でも・・・ 山にある空き家・古民家でも・・・ 生き甲斐あり、地域活性化に繋がるビジネス・生活です。 私はやはり「マンション」より「古民家」がいいです。 生きてる感じがします。

1 68