古民家

67/67ページ

能動的な移住

  • 2012.08.26

田舎に住む・・・若い人が増えています。 先日このようなメールを頂きました ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 都会から移り住んである方がいらっしゃいます。 自給自足となると田畑は、いくらでもあるし 教わることで信頼関係も生まれ、かえって作るのがうまくなり事も。 実際田舎に来て最初は自分の家の分を作られてたのが 今は、休耕地を広く借り病院と契約、無農薬野菜として食材をおろして 農家の方がや […]

不動産市場に今注目が集まる

  • 2012.08.06

富士通総研の米山秀隆上席主任研究員は、 「空き家対策の大きな施策の1つである中古流通活性化に向け、 新築促進策(住宅ローン減税、賃貸建設の節税メリット)を縮小し、 その分を中古住宅分野に振り分けるべきだ」と語っています。 「空き家の最新動向と今後の住宅政策」の議論の中で述べられたもので、 今後、年間80万戸程度の新設住宅着工戸数が継続すれば、 2030年までには現在 約13.1%の空き家率が25% […]

資金面で支援を

  • 2012.07.20

古民家の「相続税」や「購入資金」問題を解決したい・・・・  8月1日より ・「古民家相続相談員」 ・「古民家プランナー」 を「古民家鑑定士」さんの中から認定して参ります。  相談の費用は 「古民家相続相談員」は不動産鑑定士、土地家屋調査士などで相談料は一時間5000円 「古民家プランナー」は宅地建物取引主任者などで相談料無料(一時間)   この制度で「古民家を所有する方」「古民家を買い求める方」の […]

大工の心を知った対談

  • 2012.06.07

井「お休みなんか無い時代ですね。給与ってどれくらいでした?」 荏「給与じゃないんですよ。おこずかい。月に3000円でした」 静「いいですねぇ。私は月1000円でした(笑)」 井「1000円で何が出来るんですか?」 静「何もできませんよ。全部貯金です。賄い付きですし、休みないし、朝早くから夜遅くまで、時間もないから使う時間がありません」 荏「現場から家に帰る自伝車でしたから帰ると遅くなるんです。住み […]

古民家フォト甲子園

  • 2012.06.04

古民家フォト甲子園 http://www.minka-koushien.com/ 北海道から沖縄まで70作品余りが集まりました。 10年前に「民家の甲子園」をスタートさせ 多くの高校生の 「地域の古民家・古い街並を通して地域活性化への思い」をお手伝いして参りました。 本年から 学校単位から個人単位へ・・・・携帯電話でも「パチッ」 投票は誰でも全国から出来る仕組みです。 「故郷を応援」してください。

「住育」に求める意義

  • 2012.05.24

「住育検定」をスタートさせます。 http://www.jyuiku-kentei.org/ 「住育検定は何故生まれたのか?」 私は「古民家鑑定士」という資格を3年半前に創造しました。 多くの設計士さん・工務店さんは 『そのような資格は不要。古民家は建てられる』との意見でした。 それは正しいと思います。 しかし現実は 「古民家は消費者から見て誰に相談すればいいのか解らない」です。 「古民家のプロを […]

1 67