ネットワーク

5/129ページ

古民家の調査と再築

  • 2019.04.26

古民家の調査と再築(詳しくはこちら) 内閣府認定一般財団法人職業技能振興会認定の 「古民家鑑定士」「伝統資財施工士」 並びに一般社団法人住まい教育推進協会認定の 「伝統再築士」「古材鑑定士」「新民家プランナー」、 一般財団法人全国古民家再生協会認定の 「伝統的構法による木造建築物状況調査技術者」 の6つの資格試験の公式テキストです。 資格取得者にとっても古民家の価値の判定 古民家インスペクションで […]

全国会員大会初日

  • 2019.04.25

全国会員大会初日 「経営計画書の勧め」「テレワークとは」「古民家活用」など・・・・ ビジネスを進めていくのに「必要な事」を学んで頂きました。 そして「自民党古民家再生議員連盟」 その中で 「地域おこし協力隊と空き家古民家の活用を共にやりたい」 今国会の所信表明で安倍総理は 「地域おこし協力隊への期待」を語りました。 しかし現状7割程度の方は地域に残りません。 多くの税金が入っていますからそれはダメ […]

各省庁周り

  • 2019.04.24

日光支部例会 毎月お伺いさせて頂いているのは この日光・仙台・京都・日向。 「毎月」少しでも意識が変わってくれれば・・・そう思っています。 今日から「全国会員大会」ということで 各省庁へお伺いさせて頂いています。 今回の「議連」での議案は 1、地方拠点移転強化税制(内閣府地方創生推進事務局) 古民家等の空き家にもそれを拡大するコトで地方の空き家対策にも寄与する 2、解体古材等の利活用(環境省リサイ […]

空き家等対策市町連絡会議

  • 2019.04.23

静岡県空き家等対策市町連絡会議 空き家の【発生抑制と利活用】のお話をさせて頂きました。 空き家特措法では 「危険な空き家の除去」は進みますが 空き家の数は減らすことは出来ません。 それは「人口減」「世帯数減」の時代だからです。 空き家の発生抑制には 「人が個人の持ち物引き継ぎ守る使命を持つ」ことが基本です。 その上で「利活用」が生まれてきます。   地域を元気に出来るかどうかは地域の人に […]

平成の最後の1週間を楽しむ

  • 2019.04.22

平成という時代・・・どういう時代だったんでしょう? バブル崩壊・・・相次ぐ災害・・・そして低成長経済。 経済から文化、環境を考えるききかけとなる30年なのかもしれません。 戦後の一生懸命走り追いついた日本は 世界から随分取り残された30年でした。 「国の為・未来の為」から「自分の為・今の為」になったのでは無いか? 「仕事」が「私事」になったように思います。 「仕事」は「志事」でなきゃいけません。 […]

平成31年度インストラクター講習が終わりました

  • 2019.04.20

3月〜4月と 福岡〜岡山〜大阪〜名古屋〜東京(2回)〜仙台〜富山で開催してきた 「平成31年度古民家再生協会 インストラクター講習」 私自身いい学びになりました。 今回は ・古材鑑定士の強化 ・インスペクションの「簡易鑑定」「伝木」「古民家鑑定」に有り方 ・支部の強化 ・再築基準の強化 ・空き家と住教育に有り方   などをさせて頂きました。 その最後の昨夜は「富山第2支部」の設立総会 古民家再生協 […]

東京にて

  • 2019.04.19

時間管理ができない・・・日々です(泣) 今日は日中の打ち合わせが「タブルブッキング」 夜の打ち合わせが「トリプルブッキング」 流石ここまで管理できないことは今まで無かった・・・・ 年齢か?油断か?・・・・立ち直さなきゃいけませんね。 東京でインストラクター講習をさせて頂きました。 今日は富山で最終のインストラクター講習です。

東北にてインストラクター講習

  • 2019.04.18

昨日から3日間インストラクター講習です。 一昨年までは東京のみで開催していたのですが できる限り細かくお話しをさせて頂きたい・・・ 【市場創造】へは多くの理念共有した仲間と 「手間を掛ける」が大事なんだと思っています。   今日は東京で関東地区インストラクター講習 明日は富山で北陸信越地区インストラクター講習です。

九州縦断「住教育と空き家のセミナー」熊本編

  • 2019.04.17

先月の大分に続き熊本で開催。 空き家問題はその「モノ」の問題でなく 空き家になる「コト」の問題です。 その問題を解決しないと「空き家は増える一方」です。 なんせ 「新築は増える」「世帯数は減る、人口は減る」のですから・・。 所有者の意識を変えていかなきゃいけないことは明らかです。 「継ぐ」「活用する」「譲る」しかありません。 活用方法は「貸す」「活かす」いずれかです。 どうするか「まず決めなきゃ」 […]

宮崎が元気になる

  • 2019.04.16

宮崎での日向市に続き 新富町での協定式 新富町は「超・能動的な町」でした。 私自身も刺激になります。 古民家再生協会宮崎は 高千穂町にある古民家、移設し、 会員や募集するボランティアのみなさんと一緒に DIYなどを行いながら 整備し管理運営を行います。 新富町は 町有地を中心に古民家の移設先を検討し、貸付けを行い 再生協会・こう財団・新富町3者も入った協議会で 国の補助事業を活用したソフト的な事業 […]

1 5 129