ネットワーク

6/129ページ

宮崎にやってきました

  • 2019.04.15

宮崎にやってきました。 今日は新富町さん、 こゆ財団さん、古民家再生協会宮崎との 「古民家活用に関する連携・協力協定」を結びます。 新富町は人口17000人余り 宮崎県のほぼ中央に位置し、海、川、台地に囲まれた自然豊かなところです。 また、アカウミガメの上陸する美しい砂浜や 国内最高技術をもつ航空自衛隊新田原基地があり 豊かな農地ではいろいろな野菜や果物が盛んに作られています。 県都宮崎市とも隣接 […]

桜を見る会

  • 2019.04.14

晴天の東京の春の一日。 安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」 今年も新宿御苑で開催されました。 首相は 「平成を 名残惜しむか 八重桜」   「新しき 御代(みよ)ことほぎて 八重桜」 という俳句を披露。 令和の時代を 「一人ひとりの花がそれぞれ咲き誇る時代にしたい」 とお話されました。     その後岡崎市本宿にて 総務省ローカル10000プロジェクト 文政十年(1 […]

松山講習

  • 2019.04.12

今回の松山講習。。。さんと参加者「ゼロ」 せっかく私が帰ったのに。。。。 (私が帰ったから「ゼロになった?」かも)   ということで打ち合わせ三昧して東京に戻ってきました。

東へ西への市場強化

  • 2019.04.11

私は「超・現場主義」 『机の上で考える』には似合わないし 『机の上で考えてる』とろくなことは考えない性質です。 で昨日の仙台から東京へ戻って新教本の山を見て・・・ 『伝統耐震診断士』講習・試験 そして京都へ・・・・『4月度京都例会』 今日の松山講習に備えて 『松山』まで戻ってきました。   私の原動力は『考動力』 つい5年くらい前までは「車中泊」「バス泊」での行脚でしたが 最近は飛行機・ […]

新教本がやってきました。

  • 2019.04.10

寒い東京の朝です。 出社してみると・・・・新教本。 「古民家解體新書」から「古民家の調査と再築」 に変わりました。 時代の最先端を走る建築教本です。 昨日は 一昨日の福島での「伝統再築士」講習試験を終えて 東京に戻り令和2年度予算に向けてのお打ち合わせ。 そうそういう時期なんですね。 そして東北仙台に戻って例会。 例会の意義をお話させて頂きました。 来年度から 『事業者会員』『一般会員』の2種にな […]

桜の季節も終わり

  • 2019.04.09

福島から帰ってきたら「小雨」 上野の桜散り始めました。   ふと上を見ると葉桜です。 これも美しい・・・。   福島で「伝統再築士※」の講習試験を開催して 東京で「古民家投資プロジェクト」を開催して   年度始めは「多くのプロジェクト」が動きます。 今やっとかなきゃ 「平成32年度予算(令和2年度予算)」に間に合わない。 時間速い・・・やらなきゃ!! ※ 古民家の改修 […]

茨城の活性化

  • 2019.04.08

古河市にて 「空き家の発生抑制と活用セミナー」 空き家をモノと考えるのでなく 空き家を資源と考えその「コト」を考えます。 多くの方にお話お聞き頂き その後の相談会もお越し頂きました。 その後下妻市にて活性化研究会の打ち合わせ。 形にはもう少し時間掛かりそうです。 追伸 多くの「古民家ネットワーク」の皆さんにもお手伝い頂きました。感謝    

岡山にてインストラクター講習

  • 2019.04.06

平成31年度インストラクター講習 後半がスタートしました。 これから富山〜仙台〜東京と開催させて頂きます。 インストラクターとして 「古民家の安全と安心」を推進することは当然ですが その「意義と責務」を理解頂くことが重要です。 私たちには 『日本の住文化を未来に引き継ぐ』という重い使命があります。 そのことをしっかりお伝えし共有したいと思っています。

石狩市を民間の力で

  • 2019.04.04

石狩市にて「高岡地区活性化」打ち合わせ 「農泊交付金」の建物だけでは意味がない・・・ 地域の宿泊施設だけでは意味はなさないんです。 「それを活かしてどう地域活性化をさせるか?」です。 地域での体験プログラム大事です。 地域の住民の活躍が大事です。 民間の力と住民の力を自治体がサポートする・・・・ そうでなきゃいけないと思っています。 夕方は 「地域おこし育成プログラム(宿泊編)」の打ち合わせへ・・ […]

新しい時代を迎えて

  • 2019.04.01

4月1日 平成32年度のスタートです。 エイプリルフールですが「新年号」が発表されます。 今年度はきっと 「空家(そらいえ)元年」になります。 古民家再生協会は 社会課題にしっかり向き合い「市場創造」を続けて大きく飛躍します。

1 6 129