社会公共性

1/97ページ

大分にてまちづくり

  • 2019.06.22

豊後高田市にてまちづくり打ち合わせ 8月にもう一度お打ち合わせにお伺いします。 日田市にて「英彦山DMC勉強会」 添田町・中津市・日田市の足並みが揃えば 【英彦山DMC】設立に動きます。 大事は 「空き家を資源として、高齢者を宝として」 時代にあったまちづくりしなきゃいけません。

2つ目の人材育成事業

  • 2019.06.17

4会場目の 「空き家トータルコンサルタント」 「古民家ツーリズムプランナー」のW講習・試験 初めて「地域おこし協力隊」の方にお越し頂きました。 「地域おこし協力隊」の方は赴任後3年で地域で経営者になります。 その確率は6割です(すなわち4割が辞めます) そして経営者として成功する確率は極めて低く1割程度だと思います。 その理由は「経営は習わないから」だと思います。 通常起業しようとする人は「何処か […]

古民家視察

  • 2019.06.16

中山道の六十番の宿場町「柏原宿」 1件の古民家を利活用してこの地域を元気にしたい! 米原市さんとの協定の中での1つの取り組みです。 空き家にしておくには勿体無いです。 空き家にしておくと「劣化」が進みます。 どう利活用していくのか? 地域の方々としっかり協議して進めていきたいと思います。

職人を育てる

  • 2019.06.13

茅葺屋根を出来る職人がいません。 それは ・難しい技術が必要だから?でしょうか? ・仕事が少ないから?でしょうか? ・儲からないから?でしょうか? 私は「いずれも違う」と思います。 逆です。 ・そう難しい技術ではありません ・出来る企業が少ないので仕事は多いです ・言い値で儲かります 地域おこし協力隊から茅葺職人になった人もいます。 (古民家鑑定士です) この育成に7月から取り組みます。 私は「大 […]

地域活性化の手法DMC

  • 2019.06.10

DMCとはDestination Management Company (デスティネーション・マネージメント・カンパニー)の略。 観光物件、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など当該地域にある観光資源に精通し 地域と協同して観光地域作りを行う法人のことです。 地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する 「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として 多様な関係者と協同 […]

ふるさと鉄道DMC始動

  • 2019.05.30

ふるさと鉄道DMC勉強会 日光と会津若松を結ぶ 「野岩鉄道×会津鉄道」を指します。 その沿線の空き家古民家を活かして 関係人口を増やし地域活性化をしていきます。 その沿線沿いは美しい風景が続き 日本の文化を感じる「エコツーリズム」の最適な鉄道です。   4自治体(日光市・下郷町・南会津町・会津若松市) との連携が取れるか?それが大事です。   国はDMOを支援してます。 DMO […]

佐賀から東京へ

  • 2019.05.29

佐賀にて「自治体向け空き家セミナー」   ・少子高齢化は進む(高齢化率は50%に迫る) ・人口減少は毎年45万人(松山市が毎年なくなる計算) 「空き家」はまだまだ増えます。 空き家問題の大事は「発生抑制」です。 目先の施策は大事です。 そして未来の施策はもっと大事です。 その後東京に戻って 『古民家再生議員懇話会 幹事長 山本ひろし』さんを励ます会。 山本さんは「やると言ったら必ずやって […]

宮崎から佐賀へ

  • 2019.05.28

延岡市さんと打ち合わせの後・・・ 九州縦断の「淀川さんとの」 〜住教育の空き家セミナー〜 多くの自治体さんにご参加頂きました。 空き家問題・・・・ それは「人口減少」「高齢化」問題です。 そこから空き家は発生しますから 基本減ることはありません。 それは「移住促進」では解決しません。 何故なら・・・人口は減っているので 東京から地方に移住するのはいいです。 隣町からの引っ越しはまだいいとして 同じ […]

宮崎初日

  • 2019.05.27

新富町との協定があります。 その打ち合わせへ「こゆ財団」へ 「百聞は一見にしかず」 ライチの収穫を見せて頂きました。 私は「見とかなきゃダメなタイプ」なんです。 その後 延岡市島浦島へ 470戸内70戸が空き家で人口800人 高齢化は当たり前ですが、独身世帯が多く感じます。 今日は「延岡市市役所」で打ち合わせさせて頂きます。 追伸 海を満喫して その後恒例の乾杯でした。

1 97