社会公共性

6/99ページ

岡山にてインストラクター講習

  • 2019.04.06

平成31年度インストラクター講習 後半がスタートしました。 これから富山〜仙台〜東京と開催させて頂きます。 インストラクターとして 「古民家の安全と安心」を推進することは当然ですが その「意義と責務」を理解頂くことが重要です。 私たちには 『日本の住文化を未来に引き継ぐ』という重い使命があります。 そのことをしっかりお伝えし共有したいと思っています。

統一地方選挙

  • 2019.04.05

今年は選挙の年ですねぇ〜。 選挙なので・・少し松山に戻ってきました。 選挙って「基本4年に1度」です。 「どんな街にしたいか?」 それを訴え、それを選びます。 若い人のお話聞いていると 「繋がり」とか『頼まれて」ではなく 『ちゃんと政策で選ぶ』人が多いのだと思います。 また立候補する人も最近は 「名簿集め」から「政策を訴えるタイプの人が増えた」気がします。 政治を志す人は「何をしようと」しているの […]

石狩市を民間の力で

  • 2019.04.04

石狩市にて「高岡地区活性化」打ち合わせ 「農泊交付金」の建物だけでは意味がない・・・ 地域の宿泊施設だけでは意味はなさないんです。 「それを活かしてどう地域活性化をさせるか?」です。 地域での体験プログラム大事です。 地域の住民の活躍が大事です。 民間の力と住民の力を自治体がサポートする・・・・ そうでなきゃいけないと思っています。 夕方は 「地域おこし育成プログラム(宿泊編)」の打ち合わせへ・・ […]

平成も1ヶ月・・・

  • 2019.04.02

【令和】 新元号は645年の「大化」から数えて、248番目。 万葉集にある歌の序文 「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」 はじめて国書由来の元号となりました。 安倍総理は典拠を万葉集とした理由について 「我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書だ」と説明しました。 安部総理らしいと思います。 (ホントは天皇が決めるべきなんでしょうが憲法がそうですからし […]

継続は力なんだなぁ〜と実感

  • 2019.03.31

千葉にて住教育の一環の「木の住まい教室」 5月以降の気候のいい時期は山や製材所の外で 寒い時期は座学です。 千葉の橋本さんは「これしかやってない」(笑) (ジャパトラや例会もちゃんとやっていますが) ですがしっかり成果を出せています。 もう5年目で 「継続は力なんだなぁ〜」と実感 継続出来ない人・・・簡単に諦める人は 「志事にはむいていない」でしょうね。

本家古民家宿〜Yui〜

  • 2019.03.30

結プロジェクト・・・いよいよスタートしました。 全国各地で 不動産業・建築業を中心に 自治体・金融・地域住民で連携して「空き家の利活用」をします。 10年で「全国200箇所でのオープン」をさせます。   2地域居住、インバウンド増加を取り込み 宿泊施設だけでなく、テレワーク機能も合わせて 自治体連携して地域活性化を目指します。   地域の元気は地域の中小零細企業が担わなきゃいけ […]

DMC

  • 2019.03.27

戦国DMC、ふるさと鉄道DMCなど・・・・ 私たちは企業が主体となる 「地域問題可決型DMC」の展開を始めています。 そもそもDMOとDMCとの違いは DMOとは 主に観光協会が進化した組織で 「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として 多様な関係者と協同しながら、 観光地域づくりを実現するための調整機能を備えた法人です。 (私たちの目指す)DMCとは 地域の高齢者(=宝)と連携し […]

空き家アドバイザー協議会

  • 2019.03.26

空き家アドバイザー協議会・・・スタートしました。 まずは西湘地域で 「行政書士」さん「ファイナンシャルプランナー」さん「自治体」さん向けにセミナー これに 「実家片付けアドバイザー」さん「仏事コーディネーター」さんが加わり 地域の「不動産屋」さん工務店」さん「住教育インストラクター」と共に組織スタートします。 地方創生の問題点「空き家対策」 私たちはこの問題を「空き家をコト」として捉えてその解決に […]

古民家の可能性

  • 2019.03.25

世界三大投資家の1人ジム・ロジャーズ氏 『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する』で 「日本のツーリズム──観光業、ホテルや古民家に投資したいと思っている。」 と言っています。 2020年の東京オリンピックが終わるとインバウンドは落ち込むのではないか? 確かに伸びは鈍るんでしょうが下がることはないと私も思います。 日本は「インバウント増」に力を入れ投資していますからまだ増えると […]

井波で古民家ツーリズム

  • 2019.03.24

昨日は準備会議 井波地区古民家利活用研究会 設立趣意書 八乙女山の山麓に抱かれた歴史と自然あるのどかな井波地区。 1390 年本願寺5代門主綽如上人が この地に瑞泉寺を建立されたことに始まり以来 井波は瑞泉寺の門前町として栄えてきました。 瑞泉寺再建を発した「井波彫刻」は、 欄間・獅子頭・天神様などの伝統工芸品を生み出し、 古い町並み が残こる日本一の彫刻の地域でもあります。 —未来の子ども達の為 […]

1 6 99