12月
3
2017

会議のつくり方

会議にはいろいろあって
「怪議」・・・あやしい議論
「壊議」・・・壊わしてしまう
「快議」・・・スッキリ気持ちいい
「改議」・・・思い切って変えてしまう  など

 

リーダーのその想いによって様々なやり方があるのですが
昨日は久しぶりに「アステティクスジャパン」の会議で
「解議」・・・問題の答えを出す
させて頂きました。
「問題」は「ネットワークの強化」

「古民家の最大・最強のネットワーク」を私たちは運営しています。
「古民家の基準」「古民家に対する補助金」「古民家の融資」など・・・
私たちはそれを作ってきました。
「趣味の会」でなく「個人でも」なく
「古民家鑑定士」というのべ1万3千人強のの有資格者を中心に
そのネットワークを構築しています。

古民家を
『もっと安全と安心に活用できる時代を創らなきゃいけない』
その使命感を持ってネットワークを強くしなきゃいけません。

来年1月から初心に帰って「古民家鑑定士講習」を私もします。
私個人で毎月20会場、年間250会場以上の開催した時代・・。
今は多くのインストラクターさんでそれ以上の開催をして頂いています。

しかし「薄い気がする」んです。
市場創造の熱さない・・・気がするんです。
それは「ゼロから創ってきた人でないと解らない」かもしれません。
1月からちょっとだけ「古民家鑑定士講習」をさせて頂きます。

全ては「未来の子ども達の為」です。

 

サイト内検索

外部サービス

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク