9月
9
2018

積み重ねから生まれること

岡崎市で「現場視察」

地区179年の屋敷と築147年の蔵が
『国の交付金を活用』して再生されます。
税金を活用させて頂くには「社会公共性ある事業」であることが大事です。
この事業は
「シルバー世代の活躍と雇用創出事業」です。
その基本には
「快適古民家の安全と安心」があります。

「古民家」を残し活かすことでの地域活性化。
「地方創生に向けた各地での新しい挑戦の積み重ねこそが
『未来の子ども達にいい日本を残すこと』に繋がります。

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク