10月
7
2018

平成の大工棟梁検定

第3回目(4年目)となる
平成の大工棟梁検定

構造計算がなかった時代の「“大工さんの腕だけが頼りの家づくり」
家作りは「経験と勘」も大事です。
昔の大工は木が育った場所やその形を見て直感で
「これをどこにどう使ったら家が強くなる」ということが判断しました。
教本や方程式があるわけではないので
「木の材質と組み方次第で木はとても強くなる」は
師匠のやっていることを見よう見まねで
吸収していくしかありませんでした。

「先人の知恵」は教科書では現せないと思います。
ですから「先生」でなく弟子」「師弟」「親方」「棟梁」なんでしょうね。
平成の大工棟梁検定は
10年続けることでその価値が少し出てくると思っています。継続こそ力です。

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク