井上幸一プロフィール

1962年1月23日 愛媛県松山市生まれ。東京都在住。

愛媛県屈指の材木屋2代目として会社を受け継ぐも、
世の中の景気に左右され人生のどん底へ落ちる。
そこで、経営計画書と出会い、「古材に取り組む」という「戦略」を打ち立て、
自身が身を持って実践する。

その後、古材倉庫フランチャイズチェーンの全国展開を成功させ、
その取り組みはこれまで数多くのテレビや新聞にて紹介された。

2014年に同社、代表取締役を退任し、多くの企業経営サポートをおこなう傍ら、
一般社団法人全国古民家再生協会 顧問、一般社団法人住教育推進機構 専務理事、
2017年には内閣官房歴史的資源を通した観光のまちづくり専門家会議 専門員、
2019年には総務省 地域力創造アドバイザーとしての肩書を持ち、
100年続くまちづくり、ひとづくり、そして思い出づくりを目指し全国各地を飛び回っている。

【知識】ではなく【知恵】を求めよう
【知識】は今を生き抜くことができるが
【知恵】は未来を創造することができる
さぁ腕を捲くって 汗をかこう
机の上で考えるのは 似合わない
挑戦出来ることは【幸せなコト】なのです。

 
一般社団法人全国新民家推進協会  理事長
一般社団法人住教育推進機構    専務理事
古民家ツーリズム推進協議会    事務局長
一般社団法人住まい教育推進協会  顧問
株式会社アステティックスジャパン 顧問
古民家再生協会(商標登録済)   アドバイザー
内閣官房 歴史的資源を通した観光のまちづくり専門家会議 専門員

ご挨拶

「木のソムリエ」の井上です。皆さん「木材のホントのこと」知ってますか?
・建築費用の木材費用は何%か?(答え8%位)
・自然乾燥材は長持ちしますが80%くらいの住宅が自然乾燥材で建てられていないこと
・木材の再利用(古材活用)で環境負荷の軽減ができること
(50坪位の住宅でブナの木換算で1000本以上のCO2削減効果がある)
家族を幸せにする大事な買い物だから、
山を見に行きましょう、
古材の活用や製材の仕組みを知りましょう、
住育の先生に教えて頂きましょう、
古民家や建築現場を見学に行きましょう。

私達「木のソムリエ」(一般社団法人住まい教育推進協議会認定)がご案内します。
何故・・・・「ホントの木のことを知って欲しいから」です。
それは「地球環境への貢献」しいては「未来の子ども達の為になります」