9月
7
2018

地震の確率

昨日は地震のニュースで持ち切りでした。
停止中の北海道電力泊原子力発電所で
「外部電源が喪失したものの
 非常用電源により電気供給は続いており燃料棒の冷却に問題はない」
怖いですよねぇ〜。
「北海道沖で切迫した超巨大地震の可能性がある」と発表していました。
日本は「地震の列島」で
世界で発生するマグニチュード6以上の地震の約20%を占めています。
関東大震災95周年を迎えていて
地震学者は
「そのような首都直下型地震がいつ発生してもおかしくない」
と指摘しています。
また
・南海トラフは最大でM9クラスが70%
・三陸沖北部から房総沖の海溝よりにかけては最大でM9が30%。
・茨城県沖では最大でM7.2が90%
・相模トラフ沿いでは最大M7.3が70%   などなど・・・・
この「地震発生確率」はどう捉えればよいのでしょう?
ちなみに比較すると人は一生で
・空き巣ねらいに遭う確率は0.80%
・火事による被災は1.1%
とされています。
いすれにしても地震の活発期に入ったと言われる日本では
どこが大きく揺れてもおかしくありません。
備えは十分にしておかなきゃなりません。

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク