5月
7
2019

経済成長のあり方

中国のネット通販最大手アリババ
創業者ジャック・マー氏の言葉が批判されています。
中国の「996システム」
(午前9時から午後9時まで、月曜日から土曜日までの6日間働く)
を推奨し「アリババはブラック企業だ」批判されています。
マー氏は1999年にアリババを友人ら数人で立ち上げ
いまや世界最大規模のインターネット企業に育て上げました。
それにはマー氏はもちろん社員も
「不眠不休で事業を成長させた」と思います。
実際に
アリババやテンセント、百度といった中国の3大IT企業だけでなく
成長している中国企業は「996システム」を採用してきました。
マー氏は
「膨大な代償を支払ってこそ、将来は報われるのだ。
 代償を支払わなければ、報われることはない」とも言っています。
私は「正しい」と思うのです。
しかしそれは「社員」に対しての発言ではなく
今は「経営者」に対しての発言であればいいと思うのです。
昭和の時代(戦後)
日本を成長させたのは「サラリーマンの頑張り」だったと思うんです。
今は「低成長の時代」ですからそれに合わせた(時代に)「やり方」があります。
この10連休もそうです。
「社員」はそれでいいのです。そういう時代なんだと思います。
追伸
なかなか面白いです。(今日ですね)

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク