3月
25
2014

古民家鑑定の意義

各地で「古民家鑑定実技講習」が開催されています。

10151367_252279601617947_1291458785_n-300x220

 

「古民家鑑定士」は資格をとることが大事ではなく
「古民家鑑定」をして「古民家を活かし・残す」ことが大切です。

すなわち
「常にスキルアップが必要」ということになります。

「古民家鑑定」させて頂いた「古民家」(築50年以上の木造住宅です)は
古民家のコンディションと家歴書が明記されています。
(価格は環境的・文化的視点から評価するものです)
「古民家」を流通させたり、次世代に引き継ぐ場合などは大切な書類となります。

「古民家」を安心と安全なで快適な住宅として住みたい方・・・

には大切な「古民家鑑定」となります。

 

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク