古材

2/10ページ

沖縄の家

  • 2018.06.21

沖縄の家 『沖縄そば屋さん・・・移築のお店』 沖縄の家は ・軒の出が長い(暑さを凌ぐ) ・防風林と平屋(台風などの風を防ぐ) ・赤瓦(水を吸い温度を下げ長持ちする) などの特徴があります。 その先人の知恵を活かした「木造住宅」を 作っていかなきゃなりません。 沖縄の「新民家」を広めていかなきゃいけません。 それこそが「未来の子ども達の為」です。

各地で熱く理念を語る

  • 2018.04.07

昨日は宮崎で・・・ 今日は鹿児島で・・・ お話しさせて頂きました。 ・元々「ゴミだったふるざいをこざいにした」こと ・1981年以前の耐震性のないと言われた伝統工法の古民家を 「残し活かす文化を創り上げた」こと ・消費者教育=住教育の重要性を当たり前の時代にしようとしていること ・日本の山を守る為には「大工棟梁育成」が必要なこと ・これから「古民家活用こそが地域活性化」に繋がること  など・・・ […]

伊太祁曽神社へ

  • 2018.03.04

伊太祁曽神社へ ここは「木の神様=古材の神様」です。 私の仕事の原点は「古財」 「古材は木材の宝石」としてお清め頂き もう15年以上年に2〜3回参拝させて頂いています。 こんな継続で「市場創造」が進む・・・・ コツコツは大事です。 追伸 いい日本文化も感じることができました。

新民家市場創造

  • 2018.01.29

今年から「新民家市場創造」に力を入れています。 明らかに 「(住んでいる)再築」 ≦ 「(空き家)活用」≦「(解体)建て替え」 なんです。 その「(解体)建て替え」に参入障壁高きビジネスモデルの構築が 『解体無料』+『古材エコポイント』 「再築」と「活用」の「(ビジネスモデル)市場創造」はなんとか固まりつつあります。 「古材を中心とした新しい形」を創り上げています。 「古材倉庫」「古民家再生協会」 […]

大きなビジネスを創る

  • 2017.12.02

久しぶりに「愛媛の会社」に来ました。 そこで感じたこと 『まだまだ伝えきれてないなぁ〜』と反省。 明日は【会議に出よう!】(毎月第1土曜日会議なんです)

八女で伝えたかったこと

  • 2017.11.17

井上古民家支部長、山口新民家支部長 多くの古民家再生・新民家の仕事の依頼があります。 今回は「多くの方にその理由を感じて欲しかった」 説明してもわからない「百聞は一見しかず」ということ。 きっと理解頂けたと思います。 「古材倉庫」のあり方 「新民家」成功への運営のやり方 しっかり伝えられた八女になったと思います。

「新民家」って何

  • 2017.09.26

私は「古民家のビジネス」をしています。 それは 「未来の子ども達の為に持続可能な循環型建築社会」を創造する為 「古民家」 ・再生できる古民家と ・残念ながら解体しなきゃいけない古民家 があります。 この解体しなきゃいけない古民家から取り出された古材の一部を活用して 「将来古民家となる建て替えを行うコト=新民家」です。 そして新民家推進協会では 「一言力」から「古民家解体無料」を行なっています。 ・ […]

下期、新入会員確定

  • 2017.09.24

大阪で 「一般社団法人全国古民家再生協会 下期新入会員面談」 東京〜福岡〜仙台と開催してこれで最終・・・確定しました。 「古民家再生協会」は 「伝統工法住宅リフォーム」ではオンリーワンだと思います。 古民家は「再生する住宅」と共に「残念ながら解体する住宅」もあります。 「解体後、建て替えをする住宅(解築)」を【新民家】と言います。 【新民家】は国土交通省「地域型住宅グリーン化事業」に採択され 最大 […]

地域型住宅グリーン化事業

  • 2017.09.03

新民家グループでは 「平成29年度地域型住宅グリーン化事業」(長期優良住宅)が 国土交通省に採択されました。 この事業は 工務店や建材流通業者が連携してグループをつくり グループによる公募が国に採択され、そのグループに属する中小工務店などが 所定の住宅を建てる場合に補助されるもので。最大1棟120万円補助されます。 長期優良住宅や低炭素住宅といった 省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅に補 […]

古材の市場創造

  • 2017.07.28

古材の鑑定は「シルバー中心」に展開し始めています。 全国で500名を超える「(古民家簡易鑑定士)有資格者が誕生」して 全国で「古材鑑定」を進めています。 どんどん増えてます。進化しています。 昨日は 午前に大阪で「そのインストラクター」講習 そして午後は愛知で「古材倉庫」会議。   新しい参入障壁高き「古材の仕組み」が完成しつつあります。 そしてこれから「新民家の時代」がやってきます。 […]

1 2 10