1月
11
2018

家にお越し頂きました

第131期松山講習にお越し頂いた方に自宅にお越し頂きました。

 

ビジネスは
全体の把握は「鳥の目」
部分の把握は「虫の目」
流れの把握は「魚の目」 と言われます。

「鳥の目」〜高いところから全体像を把握するということです。
勉強なら「目次」を見ます。
仕事なら「目的」や「スケジュール」を見ます
全体の大まかな成り立ちや仕組みが分かると取り組みやすくなります。
「虫の目」〜ターゲットを絞ぼり今、何をすべきか?把握します
「狭く深く」を心がけ、徹底して見るコトで本質が見えてきます。
「魚の目」〜目には見えない流れを体全体で感じ取ります。
どの方向へ流れていくのかを読み取ります。
流れを理解すれば、取り組みやすく忘れにくくなります。
「2つの目」では経営者は片手落ちです。
3つの目を意識して判断・決断することで失敗を避けることができます。
成功には、3つの目が必要なんです。
「農耕型ビジネス(狩猟型ビジネス)」
「市場創造と参入障壁」
「一言力と専門店化」  など・・・・

私のお伝えできるコトお話させて頂きました。

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク