11月
28
2018

平成の太子講

「古民家再生協会主催」
第2回目となる【平成の太子講】

今回は千葉にある
【莫越山神社】(南房総市)へお伺いしました。
その歴史は古く
神武天皇元年(紀元前660年)の創立。
天富命が安房開拓で当地に来た時に
随行してきた天小民命、御道命が
祖神を祀ったのがはじまりとされています。

聖徳太子を職能神として信仰する同業の職人達が集まって
太子像を祀り、飲食、会合などを行うことです。
この日に行われる講は飲食をしたりするほか
賃金の協定をしたり、様々な申し合わせをしたり
職人仲間の運営にとっても大切な日でした。

私たちは「そのコトを大切にしたい」という想いから
全国各地でその開催を職人(棟梁)にして欲しいと思っています。

大工の心を先人に学びます。


来年度「平成に大工棟梁の委員長」をして頂く
福田さんからも熱いメッセージ頂きました。

今回は石井さんに大変おせわになりました。
心洗われて
私達は今日からからより一層【日本の伝統】の継承をしなくてはなりません。

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク