7月
24
2015

日本の文化・・作られた「土用丑の日」

今日は「土用丑の日」今年は2回あります。 

ちなみに、『土用丑の日』は夏だけではなく、

 春・夏・秋・冬に存在し、2015年は

•冬:1月13日(火)、1月25日(日)

 •春:4月19日(日)

 •夏:7月24日(金)、8月5日(水)

 •秋:10月28日(土) 

何故『土用丑の日』に鰻を食べる習慣ができたのか?

 

その由来については諸説ありますが、一番有名なものは

 平賀源内による発案という説
d0116173_1343938

江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、

平賀源内に相談しました。この時の、 「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」

 という平賀源内の発案が功を奏し、

うなぎ屋は大繁盛になったのです。 

ちなみに、これがヒットした背景に、当時は、

 「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」

 という風習があったそうです。 

これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、

 次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク