5月
14
2019

日本の古都・京都

京都の例会に参加

「インバウンド多いから景気いいですよね」
京都でタクシーに乗ると意外な答えが
「いや〜〜〜景気悪い」と

インバウンドのシンボルのような「京都」は
観光での景気は良くないというのです。
「みんなバスか電車・地下鉄よ」と

観光客が増えたのに
「プラスよりマイナスが多い」と言います。
・住宅地に宿泊者が増え環境が良くない
・混雑して「のんびり京都」がない
・お金を使ってくれない    など・・・

これから「インバウンド」は2030年には倍になると思います。
(3000万人 →  6000万人)

 

本気で「インバウンド」考えないと
人が多いだけで「実にならない」気がしています。
成功へのポイントは
・人材育成
・コト消費
なんだと思います。
外国人観光客が「自分で調べて自分周る」では
きっと「お金は落ちない」と思います。

もう観光は「モノからコト」に変わっています。
古民家ツーリズムまちづくりプランンアー
はこれからその大きな武器になるはずです。

サイト内検索

不動産経営者向けセミナー

外部サービス

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

井上幸一メルマガ登録

メール (必須)
お名前 (必須)
都道府県 (必須)


関連リンク